人身傷害保険とは?

知っておきたい自動車保険の補償内容

自動車保険には基本の補償内容が7つあります。 対人賠償責任保険は、自動車運転で事故を起こした際に、相手がケガや死亡した場合に賠償として支払われる保険です。相手のケガなどの状態によって上限額が決められており、足りない分は任意保険で補うことになります。 対物賠償責任保険は、車両や家などを破損させてしまった場合に、発生する法的賠償責任に対する保険となっています。 搭乗者傷害保険は、事故により運転手や同乗者が死傷した際に支払われる保険で、症状や通院などの日数に応じて低額の保険金が支払われます。 自損事故保険は、自損事故で運転手や同乗者が死傷した場合に受け取ることができる保険です。 無保険車障害保険は、相手が自動車保険に加入していない場合や、補償内容が不十分な場合に支払われる保険です。 車両保険は、自分の車の修理費用等を保証する保険で、事故以外の一部を除く自然災害などでも支払われます。

人身傷害補償保険について詳しく解説

人身傷害補償保険は、自動車事故で自身や同乗者のケガの治療費や後遺症などが残った場合の介護料、精神的損害や働けない期間の収入等を保証する保険となっています。
人身傷害補償保険は、一般的に契約している車に搭乗中の自動車事故のみを保証するタイプと、契約の車以外に乗車中の自動車事故の補償ができるタイプの二つから選ぶことができます。
保険料に違いがありますが、家族で複数の車を所有している場合などでは、所有している車のうちの1台に補償の範囲が広い保険を付けておくことで家族も補償対象となります。

この他にも自動車保険では特約などもあるため、自分の環境に適した内容の保険を保険会社と相談してみながら検討してみると良いでしょう。