バッテリーやオイル漏れの対応は?

様々なトラブルに対応してくれるロードサービス

自動車保険のロードサービスといえば自走できなくなった車両のレッカー移動がイメージされますが、路上での様々なトラブルに対応してくれるのが特徴です。ガス欠やバッテリーあがり、オイル漏れなどいつ起きてもおかしくないトラブルに見舞われた場合、ロードサービスの特約を付けていれば即座に対応してくれます。自分で業者を呼んでトラブルに対応した場合、数万円から十数万円もの出費になることが珍しくありませんが、自動車保険のロードサービスなら条件が設けられているものの、基本的には無料で対応してもらえるのが大きな利点です。万が一のトラブルに見舞われても余計な出費の心配がないので、ドライバーにとっては非常にありがたい特約と言えるでしょう。

ロードサービスの内容は契約内容ごとに異なる

自動車保険のロードサービスは名称こそ同じですが、中身は契約内容ごとに異なるので注意が必要です。ガス欠やオイル漏れなどは作業料金は無料でも補充するガソリンやオイルの購入費は請求されることがあります。また、特約によっては特定のサービスが省略されていることもあるので契約の際は確認を忘れてはいけません。場合によっては自動車保険のロードサービスよりもドライバーが業者に直接依頼した方が安く済むこともあるので、ロードサービスの特約を付けるかどうかは自身の運転スタイルを考慮して判断することが重要になります。一般的に充実したサービス内容になるほど掛け金が高額になりますが、サービス内容が必ずしも自身の運転スタイルに合致するとは限らないので注意します。