搭乗者傷害保険とは?

自動車保険の補償の基本事項

自動車保険には、強制加入の自賠責保険と任意保険の2種類があります。自賠責保険は車検時に必須とされるもので、後遺障害の有無により定められる上限が3千万円から4千万円程度の対人賠償だけが補償内容となっています。自賠責保険だけでは、物的損害や高額の対人賠償に対処しきれないため、任意保険に加入して不足分をカバーするのが一般的と言えるでしょう。任意保険には様々なオプションがあり、対人・対物ともに無制限の賠償をする保険が主流です。

このほか、自分の車が損壊して相手から賠償を得られない場合の修理費や買い替え費用をカバーする車両保険や、無保険車との事故で治療費を補償される無保険車傷害保険などが用意されています。

搭乗者傷害保険の内容と必要性

事故の加害者が無保険など無資力の場合、いくら賠償を請求しても弁済してもらえません。請求権があっても行使できなければ泣き寝入りすることになってしまいます。これではあまりに理不尽なので、相手が無資力でも自分が受けた損害をカバーしてくれる保険が重視されるようになりました。搭乗者傷害保険に加入しておけば、事故の加害者が無資力の場合に運転者や同乗者が死傷した人的損害につき補償してもらえるのです。ただし、相手に与える損害をカバーする対人賠償と異なり、上限が無制限という搭乗者傷害保険は多くありません。

支払う保険料によって補償金額が変わります。多くの場合、搭乗者傷害保険の補償額は、1人当たり数千万円に留まるでしょう。