車両保険とは?

過失割合に関係なく補償が受けられる車両保険

まさかの時の補償に備える自動車保険。この自動車保険には強制加入となる自賠責保険と自身で加入する任意保険があり、限定的な補償しか受けられない自賠責保険に比べると、任意保険の方ではより手厚い補償サービスが受けられるようになっています。自賠責保険と任意保険の大きな違いは、自賠責保険は相手側への補償に特化されていますが、任意保険では自身の損害に対しても十分な補償を用意できるようになっている点です。とくに自身の車の損害までカバーできる車両保険は任意保険の大きな特徴となっており、この車両保険のオプションに加入している場合は、過失の割合に関係なく車の損害を保険金を使って修理することができるようになっています。

保険料は車両保険の内容で大きく変わる

車両保険には「一般型」と「エコノミー型」とよばれる2つのタイプが存在します。一般型の補償では車・バイクとの事故はもちろんのこと、電柱や建物などと接触した自損事故、当て逃げといったトラブルなど幅広い車両の損害をカバーすることが可能です。一方、エコノミー型では補償の範囲は狭くなってしまいます。その代わりに一般型に比べてリーズナブルな価格で車両保険をセットすることが可能です。一般的に自動車保険の年間保険料は車両保険の有無や補償内容によって大きく変わります。補償内容を手厚くすると安心感は増しますが、その分、保険料も大きく跳ね上がるので、補償の内容は年齢、車輌の時価総額などを考慮し、定期的に見直すことが大切です。