基本的な補償内容

自動車保険を選ぶ際に重要になるのが補償内容です。この補償内容によって料金が変わります。特に重視するべきなのは人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険の3つです。では、これら3つの補償内容について詳しく見ていきましょう。

人身傷害保険とは?

自動車保険には基本の補償内容が7つあります。対人賠償責任保険は、自動車運転で事故を起こした際に、相手がケガや死亡した場合に賠償として支払われる保険です。相手のケガなどの状態によって上限額が決められ…

搭乗者傷害保険とは?

自動車保険には、強制加入の自賠責保険と任意保険の2種類があります。自賠責保険は車検時に必須とされるもので、後遺障害の有無により定められる上限が3千万円から4千万円程度の対人賠償だけが補償内容となっ…

車両保険とは?

まさかの時の補償に備える自動車保険。この自動車保険には強制加入となる自賠責保険と自身で加入する任意保険があり、限定的な補償しか受けられない自賠責保険に比べると、任意保険の方ではより手厚い補償サービ…

ロードサービス

多くの自動車保険にはロードサービスが含まれていますが、その内容は保険会社によって大きく異なります。保険会社を比較する際に、何に注目すれば良いのでしょうか。ロードサービスを考えるときに注目すべきポイントについてご紹介します。

ガス欠になった時のガソリン代の負担は?

車のユーザーなら、もしものときのために有料のロードサービスに加入している人も多いでしょう。任意の自動車保険でも、多くの場合ロードサービスが無料でついています。しかし有料のロードサービスと保険のロー…

バッテリーやオイル漏れの対応は?

自動車保険のロードサービスといえば自走できなくなった車両のレッカー移動がイメージされますが、路上での様々なトラブルに対応してくれるのが特徴です。ガス欠やバッテリーあがり、オイル漏れなどいつ起きても…

レッカー移動はどれくらいの距離まで無料?

路上での車両トラブルに対応できるロードサービスの一環

自動車保険にはロードサービスと呼ばれる、路上での車両トラブルに対応できる特約が付随している物があります。交通事故の当事者になった場合、車両が破損して自走できなくなるケースが少なくありません。自走できない車両はレッカー移動の必要が生じますが、通常のレッカー移動は車両の所有者が費用を負担する形になります。業者によって多少の違いがありますが、一回の作業につき十万円以上の支払いになることも決して珍しいことではありません。ロードサービスの特約を付けていれば、契約の範囲内でレッカー移動を無料で行うことが可能です。事故に限らず、ガス欠やバッテリーあがり、鍵の閉じ込めなどのトラブルでレッカー移動を利用できるプランもあります。

移動距離は契約内容ごとに異なる

レッカー移動のロードサービスは交通事故などのトラブルに利用できる一方、ほとんどの場合において移動距離に制限が設けられています。保険の契約内容によって異なりますが、大抵は30キロから50キロ程度の距離設定です。100キロまで移動可能としている契約内容もありますが、距離が長い分、掛け金も高く設定されています。また、移動距離ではなく金額で距離を決めている契約内容もあります。レッカー業者を普通に利用した場合の金額と照らし合わせると15万円での移動距離は約180キロですが、保険契約での距離設定は自動車の修理工場への移動という条件が設けられているのが普通です。15万円と設定されている場合、「保険会社が指定した修理工場へのレッカー移動に限り、15万円分の移動距離は無料」と読みます。

自動車保険に加入するにあたって、何を基準に選べば良いか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?もちろん、選ぶ際に重視するポイントは人によって異なります。ここではいくつか抑えておきたいポイントをご紹介します。